飲食店コンサルタントブログ

飲食店の店長コーチングメルマガ「注意」

コーチングでは、言葉の持つ意味は、大変重要です。
 
お客様や従業員などと多くのコミュニケーションを必要される店長にも、同様だと感じます。
 
で、今日は「注意」という言葉です。
 
注意とは、
1 気をつけること。気をくばること。「よく―して観察する」「日々健康に―する」
2 悪いことが起こらないように警戒すること。用心すること。「交通事故に―する」
3 気をつけるように傍らから言うこと。忠告。「過ちを―する」
4 ある一つの対象を選択し、認知・明瞭化しようと意識を集中する心的活動。同時に、その他のものは抑制・排斥される。
と、辞書にあります。
 
店長からリーダーのアルバイトに、「新人の○○さんの□□なところを注意しておいて。」
なんて、指示されることがあると思います。
 
これは、2つに解釈されるかもしれません。
 
○○さんの行動を、
①リーダーとして注意して見ておく。
②リーダーから、新人の○○さんに、注意として伝える。
 
理屈っぽいですが、コミュニケーションって、だから難しいのだと思っています。
 
 
« 飲食店の店長コーチングメルマガ「助言」| 用語集TOP| 飲食店の店長コーチングメルマガ「SMARTの原則(法則)」 »

カテゴリ

ページトップへ