飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

飲食店の店長コーチングメルマガ「オリエンテーション」

今日は、言葉の持つ意味について、ちょっと考えてみたいと思います。
 
普段何気なく、「オリエンテーション」という言葉を使っていますが、
辞書によると、
(1)方位。方位測定。指標。
(2)①自己と新しい環境および過去との関係を正しく認識する精神作用。見当識。所在識。自己の位置づけ。
  ②新しい環境への適応・順応。
(3)学校・会社などの組織で、新入者がそこでの生活・活動に早く適応できるようにはからうこと。
とあります。
 
普段、何気なくアルバイトのオリエンテーションなどをされていると思いますが、その言葉の意味を知ると、行動がさらに深くなると思います。
 
つまり、オリエンテーションとは、新入者が早く適応できるように、過去と新しい環境の違いを正しく整理してあげ、ルールを教え、現在の店舗(会社)での新入者の位置づけをしてあげることが重要となります。
 
さらに、その際に今後の店舗の方向づけをしっかりと示すことも、大切ということになります。
 
 
 
« 飲食店の店長コーチングメルマガ「君に○○をさせたのは・・・」| 用語集TOP| 飲食店の店長コーチングメルマガ「バーナードの組織論」 »

カテゴリ

ページトップへ