飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

飲食店の店長コーチングメルマガ「わかった?」

さて、今日は先日参加したコーチの勉強会で、教えてもらったことを1つお伝えします。
 
それは、塾の先生は、「わかった?」とは、生徒に聞かないんだそうです。
 
先生から、「ここまでわかった?」と聞かれたら、生徒は分かっていない自分が悪いんだと思って、「わかりました。」と、必ず答えるんだそうです。
 
これって、お店でのトレーニングでも同様だなと思いました。
 
「わかった?」と高圧的に聞けば、「はい」「わかりました」の答えしか生まないですよね。
 
で、熟の先生に「どうされているんですか?」と聞くと、
 
「わからないところがあるとしたら、どこ?」とか、
「伝わっていますか?」とか
「もう一度聞いてみたいのはどこ?」
などと、いろいろ聞いてみるそうです。
 
正解がこれですという質問はないそうですが、相手がきちんと答えやすいように、心がけしているそうです。
 
皆さんは、トレーニング中にどのように聞いていますか?
 
 
 
« 飲食店の店長コーチングメルマガ「認知欲求」| 用語集TOP| 飲食店の店長コーチングメルマガ「君に○○をさせたのは・・・」 »

カテゴリ

ページトップへ