飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

飲食店の店長コーチングメルマガ「ラポール」

今日は、コーチング用語「ラポール」についてです。

「ラポール」とは、「心の架け橋」などと、言われています。

つまり、お互いが相手の心とつながっており、相手に安心して話せる状態になっていることを言います。

これは、コーチングの基本中の基本です。

この「ラポール」は、コーチングだけでなく、セールスマンのスキルとしても有名です。

そんな「ラポール」の状態を、部下と作り上げることは、店長にとってはとても大切な事です。

では、実際にどんな事をして築きあげていくのでしょうか?

有名な方法としては、
1.ミラーリング
2.ページング
の2種類があります。

まずは、「1.ミラーリング」です。

おそらく、「ミラーリング」という言葉を聞いた事はある。なんて方も多いのではないか?と思います。
簡単にいうと、「目線や動きを相手に合わせる」「物まねする」という事になります。
言葉通りに「相手の鏡になる」ということです。
例え話の定番は、カフェのカップル編です。
彼が、コーヒーを飲み始めると、ほぼ同じタイミングで、彼女もコーヒーを飲む。というものです。
これは、相手がマネされていると感じ、不快に思わないようにすることが大事です。
ポイントは、①相手を少し遅れてすること。②相手より少し小さめなアクションにすることです。

自然な「ミラーリング」は、良い一体感を生み出します。

次は、「2.ページング」のお話です。

「ページング」とは、相手に合わせることです。
「で、何を?」と思われたと思います。

それは、「言葉のトーンや速さ」などです。
ちょっと、想像してみてください。
1人が、マシンガントークで話しているのに、相手がゆっくりと間を置きながら返事をしているとします。
どうですか?
盛り上がってそうですか?

つまり、
①相手が話しているペースに合わせてあげる。
②相手のテンションが高い時には、同じテンションにしてあげる。
などが、ページングです。

また、言葉づかいなども大切です。
片方が気さくな言葉づかいのに、片方が敬語を使っている。

これでは、失礼は無いですが、精神的距離は縮まりません。


従業員との良好なコミュニケーションは、ラポールが気付かれていないと出来ません。

勿論テクニックだけではなく、人間的な信頼感が最も重要ですが、相手が話しやすい環境を作れる技術も店長には必要だと思います。

 

« 飲食店の店長コーチングメルマガ「レセプター」| 用語集TOP| 飲食店の店長コーチングメルマガ「ミラーリング」 »

カテゴリ

ページトップへ