飲食店コンサルタントブログ

飲食店の店長コーチングメルマガ「レセプター」

さて、今日は「レセプター」のお話です。

「あいつ、俺の話を聞いてくれないんだよなぁ」とか、「この話に興味あるのかなぁ?」と、相手に対して思ったことがあると思います。

こんな時、コーチは「レセプター」が立っていないのかなぁ?と考えます。レセプターとは、物凄く平たく言うと、「興味のアンテナ」です。

例えば、電車に乗っているとします。

近くで話している女子高生の会話は、普段聞こえていません。(正式には、聞いてません。)

ところが、「今度の店長がさぁ、・・・」と話し始めた瞬間、急に耳が立つと思います。

これは、「興味のアンテナ」にひっかかる言葉が出たので、急に反応したのです。

つまり、人間は全ての情報を受け入れると、パンクしてしまうので、情報を取捨選択しています。

「レセプター」は、聴覚だけでなく、視覚でも同様です。

新しい車が、欲しいなぁと意識した時から、その情報を自然に収集し始めます。

例えば、通勤時に見ていた光景なのに、新しい事に気付くことがあると思います。

そんな「レセプター」の存在を知れば、コミュニケーションやトレーニングの方法が、変わります。

まず、相手がどんなレセプターを持っているのか?を探ります。

レセプターが分かれば、それに合った内容から、話をしていきます。

トレーニングをする時も、相手の興味ある内容に即して、例えながら進めていきます。

そして今度は、次々と接客や調理に関するレセプターを作るようにしていきます。

この「レセプター」の数によって、その後の成長が変わってきます。

どれだけ、今の仕事に興味を持たせられるか?

これも、店長として、大切な視点だと言えそうです。

« 飲食店の店長コーチングメルマガ「トレーニング」と「コーチング」の違い| 用語集TOP| 飲食店の店長コーチングメルマガ「ラポール」 »

カテゴリ

ページトップへ