飲食店コンサルタントブログ

飲食店の店長コーチングメルマガ「質問④」

前回の「オープンクエスチョン」「クローズドクエスチョン」の違いについて、意識されましたか?

引き続き、今後も意識してみてください。

実は、この質問の2種類を使い分けられるようになることが、コーチングの大きなポイントです。

では、まずクローズドクエスチョンを見てみましょう。

答えが、「YES」か「NO」など基本的な答えは二者択一です。
ということは、答えが限定的になるというデメリットがあります。
しかし逆に、考えることが少なく早く答えることができ、答えることにも抵抗感が少ないというメリットもあります。
ですので、会話の最初の部分などで、使っていくことが有効だと言われています。

一方の「オープンクエスチョン」も見てみましょう。

コーチングの質問と言えば、これ!なんて思っている方も多いかと思います。
さて、このオープンクエスチョンのメリットは何でしょうか?
1つ目は、答えが自由なため、思考が拡がる。ということがあります。
2つ目は、何を答えても良いので、相手にとって詰問にならない。ということもあります。
そして、相手が思っていることを引き出せる。などなどいろいろあります。
一方、デメリットしては、何を答えて良いか?わからずに答えに困ってしまう。
答えが出るまでに、時間を要すために、忙しい時に向かない。などあります。

「オープン」と「クローズド」をその目的や状況に合わせて使い分けていきたいものです。

そこで、次回は具体的な会話をお伝えします。

« 飲食店の店長コーチングメルマガ「質問③」| 用語集TOP| 飲食店の店長コーチングメルマガ「トレーニング」と「コーチング」の違い »

カテゴリ

ページトップへ