飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

飲食店の店長コーチングメルマガ「一般化」

今回は、前回の「事実と解釈の違い」の続きです。

「一般化」と言われているものです。

ついつい日常の会話の中で、
「普通は・・・・。」とか「一般的には・・・。」
などと言っている場面はありませんか?

そして、店長の皆様では、
「他の店では・・。」「前にいた店では・・・。」
などと、口癖のように話されている方はいませんか?

これは、1つの事実を自分の基準で判断してしまい、
「一般化」してしまう思考によるものです。

事実は1つでも、人の解釈により異なってきます。

本当に、その解釈は「一般的」なのか?
考えてみましょう。

普段、意識して使い分けている方は、少ないと思います。

これから、夏の新人さんがたくさん入ってくる時期だと思います。
ちょっと、気を付けてみませんか?

« 飲食店の店長コーチングメルマガ「事実と解釈の違い」| 用語集TOP| 飲食店の店長コーチングメルマガ「フィルター」 »

カテゴリ

ページトップへ