飲食店コンサルタントブログ

カービング

カービング とは・・・・・(タイ語で「kesalak」=ケサラック)
せっけん・お野菜・果物等に、専用ナイフ1本で繊細な彫刻を施すタイの伝統クラフトのこと。

 

フルーツ・ベジタブル・カービングは、タイ王国で700年以上の歴史を持つ伝統芸。
果物や野菜を小さなナイフ一本で繊細な草花に彫り上げ、食卓に彩りを添えるとともに、お客さまへのおもてなしの気持ちを表す。(出典:カービングデザインMのHPより抜粋)

 

カービングは、種類により言い方が異なる。

①フルーツ・カービング

果物に装飾を施すためのカービングで、素材はスイカメロンパイナップルオレンジパパイヤなどの比較的皮が厚く加工しやすい硬さのものが中心となる。

②ベジタブル・カービング

野菜を対象にしたカービングであり、和食の飾り切りにも共通点があるが、飾り切りは切り込みを入れることが主であるのに対し、カービングは立体的に彫っていくという点に違いがある。いずれも食べることではなく見た目の美しさを強調するためのものである。素材はきゅうりかぶ大根などで、ハロウィンジャックランタンかぼちゃもベジタブル・カービングの一種である。

③ソープ・カービング

石鹸を素材にしたカービング。

④カービング・キャンドル

ろうそくを素材にしたカービング。上記三種とは違い、一般的に素材名を後ろにつけて呼ぶことが多い。

                                              (出典:Wikipediaより)

 

« 懐石料理(茶懐石)| 用語集TOP| こうじ(麹) »

カテゴリ

ページトップへ