飲食店コンサルタントブログ

慣習価格

一般の消費者が、慣習として〇〇と言えば、いくらだなぁと認識している価格のこと。

缶ジュースなどがその典型例と言われている。

飲食店でも生ビールと言えば、消費者は〇〇円という価格の感覚は有している。

このような価格設定が行われている商品は、価格の上昇には敏感に反応するが、多少の値下げは需要掘り下げにそれほど貢献しないとされている。

 

 

« 基本労働権| 用語集TOP| 寛大化傾向 »

カテゴリ

ページトップへ