飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

飾り塩

別名「化粧塩」ともいわれ、見た目のポイントに使用する塩の盛付のこと。

魚を焼く直前に塩の粒が残るように振り塩をして強火で焼くことによって塩がキレイに白く浮かび上がってきたり、表面が塩で覆われるため皮が焦げにくくなると言われる。

 

 

 

 

 

 

 

« 角切り| 用語集TOP| 切干大根 »

カテゴリ

ページトップへ