飲食店コンサルタントブログ

飲食店コンサルタントブログ

トリュフ

樫・ブナ・栗などの根元(石灰岩質の土)の地表に近いところに発生し、成長とともに地下30㎝くらいまで下りるきのこの一種。

大きさは、くるみ程度から、握りこぶし大まであり、素晴らしい香りと味わいが特徴である。

色が、黒と白の2種類がある。

黒トリュフは、黒いダイヤモンドと言われている。

一方、白トリュフはさらに高価で、産出量が少ないために、黒トリュフの何倍もの価格で取引されている。

 

 

« チェーンストア| 用語集TOP| ディッシャー »

カテゴリ

ページトップへ