飲食店コンサルタントブログ

セントラルキッチン

食材の第一次加工を集中して行う調理工場。

セントラルキッチンは、味の均質化と、店舗段階の調理加工量を削減することを目的として作られる。

経営規模が大きくなると、店舗での仕込みを省いて、1つの施設で集中して行うことによって、店舗での作業時間が短縮され、働く者の数や労働時間の縮小が行える。その結果、コストの削減が図れることになる。

 

また、もう1つの大きなメリットとしては、ソースやスープなどの味付けをセントラルキッチンで行うことにより、その味を全店で再現できることとなる。1人の優秀な料理人さえいれば、全店でその味を表現出来る点が大きなメリットと言える。

しかし、もちろん最終的には店舗での調理技術により、品質が暴れてしまうので、店舗での調理技術向上のための教育も必要となる。

 

 

« スクラップ・アンド・ビルド| 用語集TOP| 年次有給休暇 »

カテゴリ

ページトップへ