コーチング

コーチング

コーチングについて

ご提供するコーチングは、飲食業で働く方のために、
開発された特別なコーチングプログラム

ご提供するコーチングは、飲食業で働く方のために、開発された特別なコーチングプログラムになります。 クライアント(コーチングを受ける方)が、目標達成のために必要な知識やスキルを習得し、最短の時間で成果が上がるように、継続的にサポートしていきます。

コーチングとは?

コーチングとは、「相手の自発的な行動を促進させるためのコミニュケーション技術」です。

そして、コーチングの目的をわかりやすく一言で言うと、「人がよりよく生きるためのサポート をすること」となります。それをさらに、ビジネスコーチングの目的にすると、「仕事をより効率的に進めるためのサポートをすること」となります。

コーチングを受ける人が、その人のありたい姿に向かって、 本来持っている能力や可能性を最大限に発揮し、ゴールを達成できるよう、 コーチとのコミュニケーションを通して答えを見つけ、 それを実現していくプロセスを「コーチング」と呼びます。

その過程においてコーチは、アクションプランを共に作成します。 コーチングを通じて、行動の障害となっていることを明確にすることや、必要である協力体制を作ることなどを行っていきます。

「何がしたいのか?」「どんなビジョンを持っているか?」 「本当は何がしたいのか?」「自分らしくあるってどういうことか?」 など、 コーチは相手(クライアント)が安心して何でも自由に話せる 空間を作り出し、色々な視点から効果的な質問を投げかけます。

それによって、相手は選択肢が増えたり、あいまいな点が明らかに なったりするので、自然と行動が促され、自分に対する気づきや学びを 深めていくことができます。

コーチングでは「その人が必要とする答えは、全てその人の中にある」 と考えています。コーチはこの考えを大前提にし、 相手の中に無限の可能性があることを信じて関わります。

コーチングスキルは、相手の能力を最大限に引き出し、 自発的な行動を促進するためのコミュニケーション技術です。 多くの場合、ゴールを達成したり、障害を打開するための答えや能力は その人自身が持っています。

それを引き出し、相手の自発的な行動を促進するのがコーチングです。

昔、良い先生や指導者に出会えて「自分の可能性に気づいたり、勇気を持って新たな道 を進んでいった」そんな経験を持っている方は多いと思います。 そんな方の自然な一言が、人生を変えてくれた方も多いと思います。 コーチングが目指す姿は、まさにそこにあります。

コーチングイメージ

「コーチングの原則」

  • 人は皆、無限の可能性を持っている。コーチは、それを信じています。
  • 他者の支援によって、可能性や能力は開花させることが出来ます。
  • 最善の答えは、相手(クライアント)の中にあると考えます。
  • 選択し、行動をするのはご本人(クライアント)です。
■コーチングによってもたらされる成果は

クライアントはコーチングを受けることにより、新しい視点や今までとは違った考え方を得ることが出来ます。また、自己理解が深まることにより、意思決定や対人能力を促進することができます。日常的に目標達成にコミットすることにより生産性が向上し、仕事や人生に満足感と充実感を覚えるようになります。

コーチングの種類

コーチングには大きく分けて「メンタルコーチング」と「スキルコーチング」があります。 「メンタルコーチング」ではコーチングを受ける側の情報の整理を手伝い、異なった視点からみるチャンスを与えるなどして、気づきを待つ。メンタル面でのサポートがメインとなります。そのため特定分野に対するスキルが無くても、コーチングを行うことが可能となります。

「スキルコーチング」は、たとえばスポーツのコーチのように、コーチングする側がその分野に対しての知識とスキルを持ち、それをベースにして個人のスキルの向上を目指すことができる。目的がはっきりしていること、より適切な課題を設定できることから、メンタルコーチングと比べて大きな効果を期待できる。

当コーチングサービスでは、「メンタルコーチング」「スキルコーチング」とも可能です。特に飲食店での現場での実務経験と、中小企業診断士としての知識で対応しております。

1、経営者のエグゼクティブコーチング

トップがリーダーとして力を発揮するためには、どのようなビジョンを持ち、どの様に組織やチームを引率していくのか、自らの中で決断が必要になってきます。 自らの判断を間違いなく明確にするために、自らの経験とリソース(財産・資源)の棚卸しを行い、第三者のコーチから客観的視点をもらいながら、自分自身を真摯に振り返る作業が必要となります。 また、そこで明らかになったリーダーとしての方向性をどのように伝え、浸透させ、部下のやる気につなげていくのかが、重要です。

※コーチングは、電話ではなく直接のコミュニケーションを大切にしておりますので、面談による方法で行います。

方法と場所 面談・本社又は貴店
期間

応相談

  • ・最低3ヶ月の契約になります。
  • ・6ヶ月、1年など継続して行うことをお勧めしています。
  • ・面談回数、時間などの詳細はお問い合わせください。
料金

契約例:1ヶ月(面談方式 月3回) ¥100,000円+税

  • ・回数や時間、実施方法により、料金が変更になります。
  • ・ご予算に合わせて、最適なプランをご提案いたします。
  • ・貴社のニーズに合わせてご提案させていただいております。お気軽にお問い合わせください。

2、経営幹部・幹部候補生(SV・AM)・店長への訪問面談コーチング

会社組織は社員一人ひとりの結集体です。 社員全員が同じ目標に向かって進みたいものです。 けれども、会社の目標が共有されていない。個人が目標を見失っている。モチベーションが低い社員がいる。 などは、その時々で必ず生じるものです。

方法と場所 面談・本社又は貴店
期間

応相談

  • ・月2回ほどが効果的です。
  • ・6ヶ月、1年など継続して行うことをお勧めしています。
  • ・詳しい内容についてはお問い合わせください。
料金

お問い合わせください

  • ・貴社のご予算・ニーズに合わせてご提案させていただいております。お気軽にお問い合わせください。
  • ・過去の実施参考例・・・1ヶ月(面談方式)月2回 50,000円+税

3、エリア活性化・店舗活性化のためのグループコーチング

個人の成長だけではなく、チームとして力を発揮させることが強い組織を作ります。 エリア制を導入している企業では、SVを中心にエリアの店長を含めて、エリアでの活性化を図っていきます。

方法と場所 面談・本社又は貴店
期間

応相談

  • ・複数回、継続して行うことをお勧めしています
  • ・詳しい内容についてはお問い合わせください。
料金

お問い合わせください

  • ・貴社のご予算・ニーズに合わせてご提案させていただいております。お気軽にお問い合わせください。
  • ・1回¥50,000円+税~

今までと違う結果を出すためには、「行動を始めること。行動を変えること。行動をやめること。」のいずれかを選択することです。 今の自分があるのは、過去の言動から来ています。 「今の自分に投資をすれば、将来結果(リターン)が返ってきます。」

それは、店舗への投資でも、人財への投資でも同じことが言えます。

飲食店の店長コーチングメルマガ 一覧はこちら
飲食店専門の中小企業診断士が売上を上げる秘密を教えます
ページトップへ